2010年07月07日

「2010 金花湯アタック 13」


眺望のよい泊川大橋で各自、


水分補給、栄養補給をしてゆっくりと休憩していました。





P1000060.jpg







10分くらいは休んでいたでしょうか、







肩に食い込むザックを下ろし、







大休止をしていたそのときです!!!












SH3D0018.jpg





グヮウワォォォオオオ〜〜〜ン!!!









Σ(゚ロ゚;)








Σ(゚Д`;)








工工エエエェェ(゚∀゚; 三 ;゚∀゚; 三 ;゚∀゚)ェェエエエ工工










信じられないことに、一人やられました!!!








そして、また一人・・・・・









悪夢です。














そうです、私はこんなところでおかしくなったのでしょうか、



悪い夢を見てしまいました。





けどそれは、夢ではない現実でした、






まさに、泊川大橋の上で大休止をしているときに、






ヒグマに吠えられたのです!!!




間違いありません、



小さいころ私はヒグマの吠えるような唸るような声を聞いたことがあります。



泊川の渓谷に鳴り響いた唸り声、



そして、その事実におののき、ようやく背筋に寒気が走ったころ、






グヮウワォォォオオオ〜〜〜ン!!!





2度もヒグマに吠えられました↓↓↓↓↓




まるで、「うるさいヤツらめ、お前らを食ってやるぞ」と言わんばかりの唸り声ですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)




身の毛がよだつとはこのことです、




背筋に寒気どころか、凍って動かなくなるところでした。




幸いにも進行方向からでは無いようなので、




距離のあるうちに遠ざかるべく、探検隊は前へ進むのでした。





これは「泊川大橋の恐怖」として、これからも語り継がれることになるでしょう。




おそらく、久々に奥地まで踏み入ってきた人間たちに


クマさん連中の中でも、凶暴な性格の主が吠えたに違いないのでした。




まだまだ続きますふらふら




posted by じぇべうさぎ at 23:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 金花湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜

結構ビックリしましたよね。
あの後先頭を歩くのが怖かったですよ!
Posted by 露天風呂マニア at 2010年07月07日 23:42
>露天風呂マニアさん

そうですね〜、
なぜかいつも先頭でしたねw

私は親しい人たちに、別れを告げての参加でしたよ。3割くらいは生還できないとほんとに思ってたくらいでした。
Posted by じぇべうさ at 2010年07月08日 00:08
おはようございます。

自分も、その先のバイク最終地点 川の手前で
吼えられました.

こちらからは姿は全然見えませんでしたが、あの声は今でも
覚えてますよ(大汗
Posted by R J at 2010年07月08日 06:17
>RJさん

野生のヒグマに吠えられるなんて経験、めったにあるものじゃないですね
私も忘れられない出来事となりました。
こんなめにあってもまた行きたくなってしまうとても魅力ある野湯でした!
Posted by じぇべうさ at 2010年07月08日 12:28
自分、一声目はあまり分かりませんでしたよ。
二声目ははっきり聞こえましたが、距離や方向は
まったくつかめませんでした。
気配を感じない中での突然の吠え声は止めてほしいです。

帰路でも何カ所か気配のある場所ありましたよね。
Posted by 先客万来 at 2010年07月10日 18:50
>先客万来さん

金花湯へ行った方々のブログを読むと、
同じように泊川大橋にて、谷に響くヒグマの吠え声を聞いた人がいました。
あと、橋のすぐそばに小熊が寝ていたとか。。

帰路ですが、そのときは言いませんでしたが、私が荷物を運んで何度か林道を往復しているときのことです。

最初通った時にはなかったはずですが、後で通ったときにツヤのある新鮮な糞が落ちていました!!!
往復中のほんの15分程度の中で林道にやってきてしたものと思われます!!
かなり近くにいたはずです!!
Posted by じぇべうさ at 2010年07月10日 19:13
おはようございます。

自分は4回の単独行中は吠えられたことは無かったです。
MTB単独行で羆に吠えられて、必死に戻った人のブログを読んだことはありました。

気配を感じた場面は何度かありましたが・・・

おそらく小熊を連れた母熊なんでしょうね!
Posted by ジェベリスト777 at 2010年07月11日 06:29
>ジェベリスト777さん

訪問ありがとうございます!
あそこをゴール近くまで、しかも単独でいくだなんて、まだまだ私にはできませんが、行けるくらいの技術を身に付けたいなぁとおもいます。

やはり、母熊の警戒心は強いでしょうね、どの読み物を読んでも、小熊を連れた母熊が一番コワイとききます。

何度も行けば、それだけ遭遇する確立はあがりますね、
また行きたいと思っているだけに、やはり怖いですね。

でも、金花湯が秘湯中の秘湯と言われるのもクマさんが居て近寄りがたいからかもしれませんね。
Posted by じぇべうさ at 2010年07月12日 01:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。