2010年07月08日

「2010 金花湯アタック 14」

P1000059.jpg




ヒグマの恐怖からできるだけ遠くに離れるため、探検隊は先へ進みます。



橋の上はひらけていますが、ここからまた藪へ突入です。



ヒグマの存在を身近に感じてからは、ホイッスルの吹く回数が増えます。



そのたびに、前を歩く探検隊はビクンむかっ(怒り)となります




残る橋はあとひとつ、小金井沢にかかる小金井沢橋です!!




地形図で確認すると距離的には700メートルくらい、




ここからは少し上り坂になります。



泊川大橋を過ぎて少し行くと、ヘアピンカーブを曲がり来た道を戻るような方向へ向かいます。



このヘアピンカーブの地点をまっすぐ行くと、



かつて宮内温泉とつながっていた泊川林道です。



今では完全に林道は崩落し、沢歩きを余儀なくされるルートです。



そして、ジャガー横田夫妻が3年前に金花湯までの往路に歩いたルートでもあります。






さてさて、ヘアピンカーブを曲がり先へ進んでいくと、



大規模な崖崩れがありました。





P1000061.jpg





この先も数箇所出てきますが、



先のバイク4人組は突破しているようです!!




そして、崖崩れのあとはヌタ場の登場です、



金花湯道中、ヒグマの痕跡は当たり前になってきました。



数日中に付いたと思われるクマの足跡を発見!!





P1000062.jpg





大きい足跡やら、





P1000063.jpg





小さい足跡まで、


もうここまできたら何も恐れるものはありません!!!




すると、




P1000066.jpg




小さめの橋が現れました!!!




P1000064.jpg





とうとう来ました、3つ目の橋、「小金井沢橋」です!!




そして、下を流れる川こそが、金花湯(小金井沢温泉)の湧く小金井沢でございます!!




P1000068.jpg




いよいよ近づいてまいりました!!



しかし!ここからはかなり遠巻きしなければなりません。。



小金井沢を遡行するのが最短ですが、遡行術もない素人なので、



素直に遠巻きして向かいます。





次はいよいよ金花湯の目的地みたいな場所!!笑



でもちょっとその前にエピソードを加えておかなければなりません!!



ということで、話はちょっと戻ります。




posted by じぇべうさぎ at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 金花湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この辺りになるともう足跡やら糞やらは当たり前になっちゃいましたね。
「バカ殿」まで後少し!
Posted by 先客万来 at 2010年07月10日 19:34
>先客万来さん

しっかりと記憶と記録に残しておきたいので、のんびりですが、バカ殿岩までもう少しです!
疲れていくといろいろな感覚が麻痺していきますっっ!
Posted by じぇべうさ at 2010年07月10日 21:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。