2010年07月27日

「2010 金花湯 探索編 2 小金井沢川におりると」


むささんの後について、田んぼ状の道を降りていくこと30メートル、




簡単には小金井沢川には降りられません。





さらに川までは5メートルほどの急勾配となっております。




P1000126.jpg




ここで、先発隊のぴかリンさんとむささんが取り付けてくれたロープを頼り、ひとりひとり川原に下ります。




まずは露天風呂マニアさん、





けっこう急な崖を降りるので注意が必要です。





お湯の湧出は金花湯からみて下流のほうということで、





下流に向かって川を降りていきます。





P1000127.jpg





やはり、「軽快ソフトみのる君」は大正解です!





軽快に川を降りていきます♪





すると、、





P1000128.jpg





なんとなんと、金花湯がある石灰華ドームの全景がみえてきました!!!




posted by じぇべうさぎ at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 金花湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます‥(^^)

軽快ソフトみのる君大活躍してたんですね‥(^。−)

それにしても金花湯の石灰華ドームもの凄い大きい
んですね‥(@。@;)
Posted by ゆぅ&かん at 2010年07月28日 07:54
2枚目の川の写真の右側!
斜面と大きな石がありますよね。

そこの溜まりの下から”お湯”が出てるんですよ。
前回行った時はそこでしばらく楽しみました.

もちろんマッパですけどwwww
Posted by R J at 2010年07月28日 19:38
↑ ちょっと訂正(スイマセン)

一段下の鳳凰の湯のとこの溜まりでした。
Posted by R J at 2010年07月28日 19:39
>ゆぅ&かんさん

今回、みのる君とストームホイッスルは大活躍でしたぁ♪
この石灰華ドームはすんごく大きいのです!神々しいといいたいところですが、社台滝の悪魔の顔のように見えちゃいます!


>RJさん

ありますよ〜、でてきますよぉ〜!
今じゃ誰でもいけるところじゃないので、混み合うということはまずないでしょう!
行けば独り占めできます!
Posted by じぇべうさ at 2010年07月28日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。