2010年09月05日

「2010 道東湯めぐりソロツーリング 24 池の湯林道 キンムトー(沼湯)に立ち寄り♪」


IMGP0496.jpg



アトサヌプリをあとにして、川湯方面から池の湯林道に入ります。


ここを通り抜けると屈斜路湖のいなせレジャーランド辺りに出るはずです!


フラットダートなので飛ばしていきましょう!



5キロくらい走ると、こんな看板がありました。



P1000538.jpg



ツーリング当初から行こうと思っていた、沼湯(湯沼)です。


名前があやしいですよねぇ〜


『摩周湖のアイス』さんでお兄さんから仕入れた情報によりますと、地元ではキンムトーと呼ぶそうで、むしろキンムトーがメジャーらしい、


私はツーリングマップルで見ていたのでたしか「沼湯」っていう表記でした。


こちらの沼はなかなかの秘境湖なのでぜひ行ってみてくださいということでしたので、


立ち寄りです。



P1000539.jpg



なかなか興味深いことがかいてありますねぇ〜、


そして、、、



P1000546.jpg



沼の名前にふさわしく、温泉跡!!と書いてありました〜


ちょっと行ってみましょう♪


どうやらこの看板から320メートル歩くらしいです、


クマやスズメバチに気をつけてくださいとあったので、鳴り物をもって行きます。


少し進むと、、



P1000540.jpg



これは自然からのサインですねぇ、


コレイジョウススムナ!!


と言っているに違いありません。


せめて沼だけ見せてくださいとお願いをして、もうちょっと先まですすみます、


すると、みえてきました。



P1000541.jpg



す、すごい!


近くに道路がないというだけで、こんなにも秘境感があるのでしょうか!


もうちょっとだけお願いして、先へすすんでみましょう。



P1000542.jpg



P1000543.jpg



P1000544.jpg



訪れる人はあまり居ないのでしょう、


ほとんどゴミなどの人工物はありませんでした。


私の中での公式として、「ごみがない=秘境」がひとつの条件です。


ゴミが落ちていたら、一瞬にして秘境感がさめてしまいます。


先日、ある野湯でぴかリンさんがゴミを拾っているのを見て、心打たれました。


自分も拾うときもありますが、たくさん見かけたりしたら、まいっかってなっちゃいます。


なかなか人のゴミまでは拾えないものですよ。




さてさて、足元に目をやると、、



P1000545.jpg



どうやらここは野生動物たちの楽園のようです。


秘境秘境といってたくさんの人が押しかけてしまったら、


そこはごみがあふれて、秘境ではなくなってしまいます。


野生動物の楽園も、楽園ではなくなってしまうでしょう。


どうぞここに限らず、自然の中にお邪魔するときは、


他人のお庭にお邪魔する気持ちにでもなって、


騒がず、ゴミを出さず、何物も破壊することなく、歩く際にも気をつけながらお邪魔しましょう。


そっとしておくのがいいところもあるかもしれません、


途中の倒木は、そう語りかけていたのかもしれません。





posted by じぇべうさぎ at 20:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じぇべうささん、こんにちは。
うわ〜。美しい!
神秘的なたたずまいですね・・。
ますます惹かれてしまいました。

ごみに関しては、激しく同意します。
近くにゴミ箱がある所なんかは、拾ってゴミ箱に
捨てたりすることはありますが、
山奥まで来ると、なかなか人のゴミまで持ち帰るのは難しいですよね・・・。
努力するようしてみます!
Posted by ikeboo at 2010年09月06日 11:41
>ikebooさん

こんにちは、
そうです、美しいのです、
足を踏み入れるのが申し訳ないくらいに美しい場所でした。
ここまでの場所だと、人間の踏み跡ですら殺風景に映ってしまいそうなので、探索なしで早々に退散しました。
Posted by じぇべうさ at 2010年09月06日 19:03
こんにちは〜
神秘的な沼ですね〜
知る人ぞ知るっていう感じの場所でしょうか
温泉湧いてるとこもあるみたいですよ〜(謎)
自然がいっぱい残っていてまさに野生動物たちの楽園ですね
ということはクマさんもたくさんいるんだろうな〜
「ごみがない=秘境」
そうですよね ゴミがあると興ざめですね
秘境に限らずどんなトコ行ってもゴミ箱がなければゴミは持ちかえろうぜ!
こっちでもマナー悪いヤツラ多いですよ〜

じぇべうささん若そうだけど野湯暦20年って凄いですね〜
子供の頃から野湯巡りしてたのですか?
へぇ〜炭酸弱かったんだ〜
じゃぁ「利きソフトクリーム」ですかね〜(笑)
栄浜霊泉には郡司さんが入浴したみたいです・・・
Posted by 和友 at 2010年09月08日 12:40
>和友さん

こんにちは、
やっぱり秘境はそっとしておきたいですね。どうしても行きたい場合は、なるべく負荷をかけずにお邪魔させていただくことにしましょう。
最低20歳以上という年齢ですねぇ〜笑
最初に行ってから20年は経っているということですね。。栄浜霊泉にはいろいろな人が入っていますので、いろいろな人のエキスもナノレベルで吸収したのかもしれません〜

Posted by じぇべうさ at 2010年09月08日 18:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。