2010年09月25日

「2010 八ッ幡村伝説の地に眠る白い竜を見た!」


「八ッ幡村伝説」というのをご存知だろうか、


いわく付きとされるこの土地で、2009年には殺人事件まで起こっている。


消えた村、廃墟、赤い鳥居、ほとんどヒトケのないこの地にまつわる伝説がある。


そして今回探索隊は、この地に眠るという「白い龍」を求め、深い山奥へ入っていくのであった。



P1020152.jpg



※八ッ幡村伝説について調べると、怖くて白い龍までたどり着けなくなる可能性があります。


運がよければ、目にすることができるといわれている白い龍、


このいわく付きの地に眠る白い龍とはいったいどんなものなのでしょうか!!


怪しい探検隊はついにその正体を捉えることに成功しました!


ついに白い龍の棲みかを発見したのです!!



それがこれ、



P1020161.jpg



地中深くから、白い龍が昇ってきます!



龍の体温を測ってみましょう、



ぴかリン隊長から龍専用の体温計をちょっと貸していただきます。



龍の穴の右側から、



P1020150.jpg



つづいて、龍の穴の左側、



P1020151.jpg



なんと!!調査により判明しましたが、龍の穴からは2種類の白い龍が同時に出てきているようです!!!


これ以上近づくのは危険のようです、退避しましょう!!





ヤバイですε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノ


退避しきれず、足が飲み込まれそうになります、、、



IMGP2364.jpg



かつてこの地で栄えていた八ッ幡村はこの白い龍に一夜にして呑み込まれたといいます。


なんとかぴかリン隊長に助けてもらいましたが、危うく白い龍の餌食となり、


ホワイト人間になるところでした。


それでは白い龍の尾の部分をご覧ください。



P1020153.jpg



村を呑み込んだとされる白い龍は実在したのでした。






迫力満点の白い龍を動画でどうぞ笑







posted by じぇべうさぎ at 18:08| Comment(11) | TrackBack(0) | 無料温泉・寸志温泉・野湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ココの湯を、そう切るかね、じぇべ武者くん(笑)
白竜に飲み込まれホワイト人間に成れば天に昇る気持ちでしょうか
それはまだ誰にも分かりませんねフフフ。

こういう見せ方って、なかなか面白いやね(^_^)ニコニコ

それにしてもウットリするぐらい綺麗な白さだなぁ〜
Posted by KOBAN2 at 2010年09月25日 20:03
>KOBAN2さん

こんばんは、ここの地名で検索をかけると、どうも心霊スポットとして語られているようなので、うまくリンクさせてみましたよ、
まさに衛星写真でみると白い龍なので、こうなっちゃいました笑
八ッ幡村伝説、検索してみましたか?
Posted by じぇべむしゃ at 2010年09月26日 00:12
じぇべうささん、こんにちは。
白い龍に全身を食べられなくてなによりです。
ぴかりん隊長がいっしょで良かったですね。
八ッ幡村伝説、ちょっと調べてしまいました。
調べるんじゃなかった〜〜あ〜。
Posted by ikeboo at 2010年09月26日 16:15
またまたあぶなさそうな話題なので飛んできました〜^^

この八ッ幡村伝説は5年以上前に話題になったときにどの辺りじゃろか?って地図を見た覚えがあります。
最近はなんと便利な航空写真まであるから、かつて地図で見てたその辺りを先ほど見たら・・・確かに龍の鼻水状態が有りますねえ・・・

心霊スポット有るところに温泉あり。
これは内地でも変わりません^^;
Posted by むささん at 2010年09月26日 21:15
>ikebooさん

こんばんは、
あはははー、みちゃいましたかぁ、
私も最近偶然見て、まぁこんな記事になっちゃったのですが、ちょっとあちら方面には独りで行けなくなっちゃいましたよ、もう完全に飲み込まれた状態です。


>むささん

こんばんは、むささんは、危なそうな話題のときに飛んできてくれるのですね!しかも5年以上も前に話題になっていたのですか!
問題のあたりを眺めてみると白い筋が見えると思います、鼻水ですか!笑
もうこういうのはやめよかなぁ〜、マヂで夜の温泉に入れなくなってしまいます汗
Posted by じぇべうさ at 2010年09月26日 23:24
>じぇべむしゃむしゃくんw

去年のアノ話は、記憶にとっても新しいんだけど
(一応、その現場にはちゃんと手を合わせて来たけどね)
いや〜ぁ、八ッ幡村伝説は知らなかったなぁ。

σ(^^)仲間うちには、よく話してるんですが事故物件でも平気で住める
感じない、見えない、憑かない人なんで、こういう話はぜんぜん平気。
で、なければアノ炭鉱のマチの今は垂れ流しの強食塩泉に浸かれませんわオホホ

そんなσ(^^)でも道東の、K之舞鉱山跡だけは、前通るだけで薄ら寒く感じるのよん。
なんでだろ〜なんでだろ〜ナゼだなんでだろ〜
Posted by KOBAN2 at 2010年09月27日 01:17
>KOBAN2さん

こんばんは、
なんといわく付き物件でも平気なんですか!!どうかしちゃってますぜ!(*`▽´*)

金が絡むといろいろとドロドロとしたものがありそうなので・・・
でもあれですよ、穴だらけの地中にある冷気が漏れ出しているだけですよ。あとは風穴の位置の問題でしょうかねぇ。私はもうここへは一人ではいけません。。。けど、まだありそうですねこの地区。
Posted by じぇべうさ at 2010年09月27日 21:29
またまた飛んできました〜〜^^

上記のkobanさんが書かれてる炭坑の今垂れ流し強食塩泉ってのはたぶんあそこだと思いますけど、「いわく付き温泉物件」にじぇべうささんも知らず知らず入ってると思いますよ。たぶん

入ってる時には何も感じなくても、画像をモニターで確認したときに怪しいのが写ってることはたまにあります。
一昨年は古い公衆浴場の湯船に白黒の顔が思いっきりはっきりと写ってたり、今年は山の中の湯船でシャレコウベがこれまたはっきり・・
上記の垂れ流しのやつにも湯煙が人型になっったりしております、はい。

ドンドンぴかりんさんに鍛えられましょう^^
Posted by むささん at 2010年09月27日 22:12
>むささん

むささん、



マヂで温泉こわくなってきた〜。。。

もうお願いですからやめてくださいよぉ〜(´;ω;`)ウゥゥ

金花湯の謎の鳴き声もけっこう怖かったですから!!

そのいわく付き温泉、どこか言わないでくださいねぇ〜〜
Posted by じぇべうさ at 2010年09月27日 22:53
怖くなって温泉探索に支障が出たらいけませんから止めます。

こんな話を書いててすっかり忘れてた。
じぇべさんの愛用してる「軽快ソフトみのる君」をこの前購入しました。
履いてみるとピッタリしすぎず動きやすそうです。
まだ実践投入してないのですけど。
これはレインボーマンになるようなぐちゃぐちゃの時には可成り有効だと思いました。
金の時に、沢に降りるときのクマの足跡や糞さえもぐちゃぐちゃで判らない泥だらけな状態でも快適に歩いていたのが印象的でしたから。
Posted by むささん at 2010年09月27日 23:08
>むささん

この手のネタはおもしろいのですが、登別の大湯沼の川もまだ夜に行けないでいます。大人数ならいけそうですのでメンバー募集中です!笑

みのる君は田んぼ長靴だけあって、ヌタ泥に強いと思われます!伸縮性とぴったりフィットがよいのでしょう♪携帯にも便利です、ぜひ実践投入してください!
Posted by じぇべうさ at 2010年09月27日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。