2010年11月24日

「2010 黒松内 大金鉱山製錬所 迫力満点の産業遺跡を探索! 3」


私が大金鉱山を知ったのは、『金花湯』について調べているときでした。


島牧つながりで「神威鍾乳洞」について調べているときに見つけたホームページが、



『南後志をたずねて』
です。


こちらのホームページに掲載されていた大金鉱山の記事に魅了され、


今のうちに行かなくては!!と思い立ったのでした。


そして、私が大好きな南後志(寿都町、島牧村、黒松内町)のたいへん魅力的な情報が満載なのです!


管理人様からリンク許可ももらいましたので、今回紹介させていただきました。


興味のある方はぜひ
『南後志をたずねて』
をご覧くださいませ!




さてさて、それではちょっと登ってみることにしましょう!




P1030409.jpg



見渡すと無数の横穴。


こんな横穴がいっぱいあります、そして縦穴もあります。


階段状の製錬所ですが、空中索道は最上部につながっていましたので、


元山から運ばれた鉱石は、上の段から下の段へ流れていく形で精錬されていたのだとおもいます。


いったい製錬所の中はどのようになっていたのか、気になるところです。


ちょっと見渡してみると、無数の碍子(ガイシ)が転がっています、



P1030405.jpg



やはり製錬所ですから、電力も大量に必要だったと思います、


おそらく自家発電による電力供給だったと思うのですが、


あの大きな基礎は発電機がのっかっていたのかもしれませんねぇ〜!



P1030405.jpg



なぜかこの部分だけ、黒い砂か泥状のものが堆積していました。


不用意に触らないほうが身のためです。


この部分にだけ溜まっていた黒いモノが気になります。


でもって、ちょっとおしゃれな碍子も発見♪



P1030416.jpg



なんかいろいろと落ちているので、もしかしたら!という期待を抱いて、


さらに探索していくのであります♪




posted by じぇべうさぎ at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大金鉱山に行ってきたのですね。
私が見てきた鉱山の中では一番です。
古城を思わせるとてもすばらしい作りですよね。
また再探訪したいです。
私も温泉大好きですので、ちょこちょこお邪魔しますね。


Posted by のりー at 2010年11月25日 20:33
>のりーさん

こんにちは、訪問ありがとうございます、私も初めて見て歓喜しました!
ぜひ再訪したいと思っています。
雪が降る前の今時期がベストですね、今月21日の写真です。
のりーさんのホームページには情報が満載ですね!!徳舜瞥鉱山ではみたことのない写真がいっぱいあってびっくりしました!近いうちに行かれるのでしょうか、あの導水管の先もきになるところです。私もまたお邪魔したいと思います。
Posted by じぇべうさ at 2010年11月25日 21:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。