2011年02月05日

「2011 あの施設は戦跡じゃないのか??という噂を検証してみる」



かつての大戦中、室蘭には華工収容所、捕虜収容所などがあった。


強制収容所、強制労働があったのは事実である。


そんな歴史があったため、丘の上に今も残るあの塀のある施設は、


強制収容所だったのではないか??と噂されている。


下からでは塀しか見えないため、実際に行って見ることにした。




P1010586110205.jpg




こんなところを上っていく。




想像以上に大きな施設跡であった!



P1010576110205.jpg



塀の上面をみてみる。


こんな形で今もなお残っているとはすごい!!


これはいったいなんなんだろうか、



P1010574110205.jpg



よく見てみると、下へおりる手製の梯子が垂れている!



P1010575110205.jpg



しかし、かなり怪しげな梯子だったので、降りなかった。


降りたところで、紐が切れたりしたら一人で這い上がることができない!!


塀の高さは3メートル以上はありそうだ。



P1010580110205.jpg



さてさて、戦時中の収容施設ではないかと噂され、


そのような問い合わせが非常に多いというが、


室蘭市へ確認してみたところ、


あれは水道施設で、貯水施設跡であるとのことで、収容施設説については全面否定された。


似たような問い合わせが多いと話していた。


考えてみれば小高いところにもあり、貯水施設というのもなっとくできる。


しかし、使われなくなった水道施設を解体せずに残しておくのにも疑問が残る。


相当な年数が経っているだろうし、景気のいい時期であったため、


市の施設であれば、しっかり解体するのが本当なはずだ。


今になっては財政難で解体も難しいだろう。


大変目立つ場所であるにも関わらず、


ほとんど人の訪れることのない場所に、


こんな大きな貯水施設跡があることに驚いた。




P1010585110205.jpg




ネット上にもここの情報が出てこないことにも驚いた!


そして、今考えてみると、少しコワくなった。


あそこで落ちたら這い上がれない。


誰にも気づかれることもない。


携帯電話などない時代であれば、ここで落ちて行方不明になっている者がいたとしても不思議じゃない!


もしかして白骨シタイなんかがあったとしてもおかしくないような場所である。。


すでにそんな事故もあった場所なのかもしれない、


落ちたらコワいなぁ。。




○追記



P10105710.jpg



なんと、この壁はすべてホワイトレンガ?積みであり、上部を残してモルタルで補強されているようである。


ところどころ剥げ落ちたモルタルがそれを語っている。



P1010584.jpg



そして、上部のむき出し部分には一定間隔の模様?があったほか、柱を立てるような箇所、


内部には構造物がごろごろと転がっていた!!


レンガ積みのものとなると、歴史的価値が一層アップするのではないでしょうか!!


取り壊さなくて正解、ぜひとも残しておきたい遺産だとおもいます!





追記


ちょっとのんさまのまねっこをしてみる。


言われてみれば雰囲気が似ている!、


ここは2010年に登った後方羊蹄山にある旧避難小屋跡♪



P1010997.jpg



遺跡みたい!!




posted by じぇべうさぎ at 23:34| Comment(15) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいすごい!!
見に行きたくなりました〜〜!
石造りのお洒落な感じで素敵です。
浄水場や貯水池はいくつか回りましたが、こんなかわいい造りのところは見た事がありません。
山の上にあるのもいいですね。
Posted by のん at 2011年02月07日 22:51
>のんさん

こんにちは!
うずらのプリンも想像以上でしたが、こちらの施設跡も想像以上の大物でした!!
これが貯水施設かどうかは市の担当者と話したところ、ちょっと怪しい感じでしたが、そうらしいです笑
現役の頃の写真でもあれば見たいと思っています。
そして、のんさん、さすがにお目が高い!!この廃施設の最大の特徴は、すべてホワイトレンガ積みの造りであることです!よく見ると、上部50センチくらいを残して、モルタルが塗られています。そして、上部の形状も独特な模様があったり、一定間隔で柱を置くような穴らしきものがあったりと、かなり気になるところです!!
当時の写真を見ていないのではっきりとしたことは言えませんが、貯水施設としてはなかなかモダンな造りだったとおもいます♪写真追加しました!
ぜひぜひ見に来てくださいな♪
Posted by じぇべうさ at 2011年02月08日 00:36
この場所はどこにあるか教えてもらうことはできますか?
Posted by 夕凪 at 2011年04月26日 23:39
>夕凪さん

こんにちは、はじめまして。
コメントありがとうございます!
ここは隠す場所でもありませんので、お教えいたします♪
室蘭にある○○○のそばの山の中腹にありますよ!昨日もちょっと行ってみたところです。あとは上り口をうまく見つけて探検してきてください!!
Posted by じぇべうさ at 2011年04月27日 08:02
はじめまして言うの忘れてました・・・・
情報ありがとうございます☆
そんな身近にあるなんて・・ここは本当に貯水場跡なんですよね?
Posted by 夕凪 at 2011年04月27日 19:28
>夕凪さん

こんにちは!
どういたしまして〜、ここは結局使われなかったようですが、貯水配水施設にまちがいありませんよ!水道のことは詳しくないので、正確な名前はわかりませんが、水道関連施設のようです♪
情報は室蘭市からいただきました!
Posted by じぇべうさ at 2011年04月27日 22:01
使われなかったんですか・・・最初この写真を見たときはぞっ!としました。
収容所になっててもおかしくはないような雰囲気に見えます。

鷲別神社の山にも戦跡みたいなものが残ってるんでしょうか?
Posted by 夕凪 at 2011年04月27日 22:34
>夕凪さん

ひょっとして、配水施設として使用するはずが戦争になってしまって、別な目的で使われていたのかもしれませんよ。
でも収容施設は中島本町や海岸町、本輪西などにあったんですよね。

鷲別神社の山も昔山狩りで入ったことがありますが、戦跡らしきものがあるのですか??!!それは確かめてこなきゃ!!そこは聞いたことがないですけど、あるのかもしれませんね。
Posted by じぇべうさ at 2011年04月27日 22:50
あるかもしれませんね!
その3か所の収容施設の跡は残ってるんでしょうか?

鷲別神社の山は前からよく散歩しに行ってたんですがね・・・いつも同じ頂上までの一本道だけでしたから、藪の奥とかには入ったことないんですよね。

室蘭にも結構、戦跡が残ってるんですね。
Posted by 夕凪 at 2011年04月27日 23:04
>夕凪さん

室蘭にはけっこう戦跡があります。
防空壕跡もけっこうあります。
残念ながら収容施設跡はまったくのこっていないです、
室蘭では昭和19年に強制連行された1800人の中国人が市内5ヶ所の収容所に配置されたそうです。またそれ以外にも捕虜の収容所があったようです。。

Posted by じぇべうさ at 2011年04月27日 23:23
1800人も・・・・

前からこういう戦跡などは好きでしたが、こちらのブログを見てさらに戦跡を調べたりするのが好きになりました。

小橋内の砲台跡?はどこらへんにあるんでしょうか?
Posted by 夕凪 at 2011年04月28日 15:15
>夕凪さん

こんにちは、
歴史を知るとさらに戦跡めぐりは趣深くなります。小橋内の砲台は有名なので、ちょっと調べると出てくるとおもいますよ♪
こちらのブログのほとんどは詳しい場所などは掲載していません、探す楽しみもあるとおもいますので♪
聞いて出てくる答えと、調べて得られる答えの違いは大きいのです!これからは後者の楽しみを得られるようがんばってください!!
Posted by じぇべうさ at 2011年04月28日 21:37
いわれてみれば、場所を教えてもらうより自分で調べた方が達成感もありますね♪

ありがとうございます☆
Posted by 夕凪 at 2011年04月28日 22:31
>夕凪さん

こんにちは、ここで掲載してしまうと、場所を知りたくない、自分で探したい人にまで見えちゃうので、一応探索系サイトなので、どしてもわからないときは伝言のところより連絡ください、でもたいていはなんとか調べられると思いますよ♪でわでわ
Posted by じぇべうさ at 2011年04月29日 13:09
楽しい記事を読まさせて頂いてます
Posted by 長谷由和 at 2017年10月17日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。