2011年02月13日

「2011 カルルス鉱山付近の湯探索3」



P1020003110211.jpg


それにしてもいい天気でした〜♪


さてさて、たどり着いた地熱地帯をいろいろみてみましょう!




P1010747110211.jpg



ここまでけっこう雪の中を歩きました。


これだけの積雪があるなか、ここだけが、妙に雪がとけています。


雪を溶かすだけの熱があるのは間違いないようです!!


それがお湯のせいなのか、それとも地熱のせいなのか、それとも両方なのか、


このオアシスのような場所に近づいてみましょう!



P1010746110211.jpg



なんだか見るからにあったかそうですねぇ〜、


湯気も出ているようないないような♪



P1010744110211.jpg



色もいい色です。


ここだけ春のような感じです。



P1010742110211.jpg



これはもう完全に怪しいですね!!



そして、この水がどこから来ているのか探してみると、



P1010754110211.jpg



なんか地中から湧いてきているみたい♪


温度計など気の利いたモノは持っていないので、さわっちゃいますか!



P1010753110211.jpg



なんと、ほんのりと温度が!!!


とても、この写真をみたら、厳冬期のカルルスの風景とは思えないですねぇ〜


だって周りはこんな感じ♪



P1020016110211.jpg



おやまぁ、食べたくなってしまうようなキレイな雪ですね!


カルルス鉱山付近の湯は、ほんのりとあたたかな、雪原のオアシスでしたぁ♪







さてさて、続いてメインにいきましょか!


続くメインは「カルルス鉱山の坑道に眠る氷筍探索!」です。


ちなみに、道内で氷筍の確認されているところはそんなに多くはありません!


私の知っているところでは、


昨年のツーリングでも立ち寄った羅臼のマッカウス洞窟

伊達市大滝地区の百畳敷洞窟、

そしてカルルスの3箇所です。


大滝はいろいろと問題があって、「大滝アウトドアアドベンチャーズ」のツアーに参加するのがベストです。


羅臼は冬は遠いなぁ。。


ということで、このなかでも一番マイナーなカルルスにアタックすることにしました!


マイナー大好き!!!




P1010890.jpg



つづきます〜。


posted by じぇべうさぎ at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 無料温泉・寸志温泉・野湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じぇべうささん、こんにちは〜。
雪の中にオアシス・・・
ポンポン山を思い出しました。

カルルスにも氷柱がありましたか!
マッカウス、大滝は知ってたんですが・・・。
これは興味しんしんです。
楽しみにしてま〜す!

大滝のニョロニョロは私有地を通るため、
ツアーに参加したほうが良さそうですね・・・。
Posted by ikeboo at 2011年02月14日 17:10
>ikebooさん

こんにちは!ポンポン山は超地熱地帯ですね!今時期だといろいろとみつけやすいとおもいます!
大峯温泉もすぐわかっちゃうとおもいますよ♪

ここの氷筍へ行くまでは大滝の2倍、ニョロの大きさも2倍?だとおもいます!
Posted by じぇべうさ at 2011年02月15日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。