2011年02月15日

「2011 旧カルルス鉱山の坑道に眠る氷筍探索!2」



P1010818110211.jpg



大きい〜!!


いきなりこんな大きくていいのでしょうか!!


これで、全体の3分の1くらいの範囲しか写っていません。


せっかくここまできたので、まずは坑道入り口あたりを


舐めまわすようにみてみましょう♪




P1010975.jpg



まずは頭上に注意しながらみてみましょう。


ダイナマイトの発破痕らしきものが多数ありました。


そして、まず最初に目を奪われるのが、この赤い沢。



P1010815110211.jpg



赤いと言っても、水が赤いわけではないようです、


沢底の岩盤の色が真っ赤っかなんです!


そしてこの沢はなんと坑道というか、洞窟というか、地底に飲み込まれているではありませんか!!


こんなのをみるとゾクゾクってしてきます♪



P1010821110211.jpg



もう少し降りてみましょか。



P1010944110211.jpg



さらにこの先どうなるかというと、


沢の水が洞窟にのみ込まれています!!



P1010945110211.jpg



これを洞窟と言っていいのか、坑道跡といっていいのか、どちらが先なんでしょう??


沢の水を飲み込んでいる時点で、もともと自然にできた洞窟が先だったのかもしれません。


そして、その付近を掘ったのでしょうかねぇ。


この先を降りていくには、ちょっと一人では無理。


行くとしてもケイビングに習熟した仲間が必要な感じです。


一人で懸垂下降するのはおっかないですね。


でもここの探索はおもしろそうです!




沢が洞窟に流れ込んでくる様子です。



P1010857110211.jpg



せっかくなので、ちょっとさわってみましょうか!



P1010941110211.jpg



あれれ?なんかなまぬるいような。。


おそらく気温が極端に低いので、水が温かく感じるのでしょう。


やっぱ水温計買おうかな♪





そして、お待たせしました、次回こそ氷筍の登場です♪


氷のタケノコと書いて氷筍(ひょうじゅん)といいます。


これは天然の単結晶なのですが、どこにでもできるものじゃありません!


次回はその天然の単結晶の神秘の世界を紹介したいと思います。



P1010914110211.jpg





posted by じぇべうさぎ at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じぇべさん、こんにちは〜。
なかなかのじらし作戦。(笑)
次こそニョロニョロですね!

しかし、ここの洞窟もなかなか面白そうですね〜。
大きさがいまいちピンときませんが、
かなり大きいんでしょうか?
Posted by ikeboo at 2011年02月16日 15:42
>ikebooさん

こんにちは、写真だと大きさがピンときませんが、かなりの大きさです。
ちなみにトップ画像の中央右上付近の1本のツララが大人一人くらいの大きさです!170センチくらい。
もっとじっくりと滞在してゆっくり写真を撮りたかったです〜
Posted by じぇべうさ at 2011年02月16日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。