2011年03月09日

「2011 室蘭の戦跡 測量山から噴火湾を望む観測所跡にも行ってみた」



P1030476.jpg



有名どころらしいので、とりあえず戦跡続きということで紹介してみます。




場所は室蘭にある測量山のほぼてっぺん、


今時期なら余裕で行けます。


とくに立ち入り禁止区域でもないようなので、


触れるくらい近くまで行くことができてしまいます。



P1030479.jpg



緑の柵のなかはアンテナ施設なので入らないように気をつけましょう。



近づいてみるとかなり大きなコンクリートの構造物であることがわかります。



P1030483.jpg




すごい塊。



P1030490.jpg



ここは小橋内にある十五糎加農砲(砲台)の観測所として測量山に作られたみたいです。


砲台と同じく、噴火湾方面を向いています〜



P1030496.jpg



眺めはとてもよいですねぇ〜


けどしかしBUT、アメリカの艦隊は噴火湾ではなく、太平洋側沖から艦砲射撃を行ってきたのですから、まったく対応できなかったようです。。


でも、戦時中、室蘭のチャラツナイ高射砲陣地に居たチャラツナイ第五中隊の射撃がB29爆撃機に命中し、宮城県沖に墜落したようです。


このB29爆撃機は昭和20年6月29日に南方からやってきて、室蘭上空を通過、そのときに第五中隊と第一中隊が射撃しますが当たらずにそのまま北上して、札幌・小樽方面を偵察後、再び室蘭上空に飛んできて、そのときに第五中隊の九九式八糎高射砲による射撃が命中したのでした。


参考文献:室蘭の戦跡1



戦時中、激戦地となった室蘭だけに、戦跡や慰霊碑などが数多く残っているのです。



P1030501.jpg





posted by じぇべうさぎ at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは、何度か行った事があります。
コンクリの塊みたいですよね。
いつも思うのですが、密閉のされてる部分
壊して入ってみたくなりますw
今時期が、一番見やすそうでいいですね。
Posted by のりー at 2011年03月10日 16:42
>のりーさん

こんにちは〜、
ここは室蘭の戦跡としては筆頭で出てくるくらい有名どころですね、やはり中に入ってみたいと思います。塞ぐ理由あったんでしょうかね。当時は兵器にしろ壕にしろ徹底して処分を図ったようなので、数少ない戦跡のひとつになってしまったようです。
のりーさんが滑り込んだ壕はなかなかすごいところですね!
当時500以上壕があった室蘭なので、まだまだ探せばあるのではないかとおもってみてみたら、またそれらしいものを発見しました!
この時期はいろいろと丸見えになっておもしろいです!
Posted by じぇべうさ at 2011年03月10日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。