2011年07月31日

「2011 黒松内 大金鉱山元山探索3」



P1110084a.jpg



まだまだ元山に足を踏み入れたばかり、


さらに奥に残っているであろう遺構を求めて向かいます!


ここまでの道のりはホントキツかった〜


藪漕ぎだけじゃなくて、道すらわからない!!


最短距離ではないと思うけど、迷いながらもよくここまで辿り着いたもんだ〜!





少し進むと上から流れる沢を越える。


けど、越えないでその沢を遡ると!!!



P1110099a.jpg



ひょえ〜〜!


こーんなところにも人工物を発見!!


もちろん発見したのは「南後志をたずねて」の山本さんです。



P1110100a.jpg



こんな山の奥に何十年も昔のものがまだまだあったなんて!!


けっこう感動モノです、


というのも、この大金鉱山の元山の探索記録がなかなかない!


最近の文献、ネットによる情報、いずれもどれもない!!


そりゃそうだぁ〜、こんなところまで来る物好きはちょっとアレな人だ笑



P1110101a.jpg



でもなんかすごいやぁ、


この山奥にはかつて町があって、映画館や学校まであったというのだから!!


信じられません。。。



P1110124a.jpg



こういう昔を知る手がかりを見つけに来れただけでも、


ここまでがんばって登ってきた甲斐がありました♪



P1110126a.jpg



「南後志をたずねて」では、この元山や製錬所で働いていた方への取材もされておりますので、詳しく知りたい方にはとても参考になるとおもいます!



P1110128s.jpg



あ〜、でもそろそろこの辺で私は疲労困憊してました。


足が攣りかけていましたよ。


あの藪漕ぎがねぇ、ハンパジャナカッタ。



P1110118a.jpg



ひょっとしてレンガ積み??


なんだろうこれ!!


校門じゃぁないし〜、



P1110121a.jpg



なんか直径30センチほどの穴もあるし〜、


窯??


この子の用途が知りたい!!



P1110111a.jpg



正面の山は天狗山(839M)私たちのいる辺りは750Mくらい。


ちなみに伊達の天狗岩はこっち


製錬所付近が150Mだから、高さ600M、距離にして約4キロも登ったのかぁ、藪漕ぎでコレはちょっとねぇ〜。


けど、そこはなんとなんと、山菜の宝庫だったのですよ!!


つづきます〜









posted by じぇべうさぎ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。