2011年09月14日

「2011 日浦トンネル旧道探索3 大崩落と原木4号隧道!」



P1250870a.jpg



落石止めの金網が岩ごとなだれ落ちてきています!


でも岩場を降りるよりこちらのほうが緩やかなので、


金網を伝って降ります。


ここは原木3号隧道と4号隧道の中間点の崩落現場です。




P1250865a.jpg



下から見るとこんな感じ!!


すごい迫力!!


っていうか、危険です。



P1250871a.jpg



道が完全にふさがれています。


この道自体すでに崩落しておりますが!


でもここらへんは少し石垣が残っていました♪



P1250873a.jpg



原木4号隧道が見えました!


まだまだ先へ進んでいけそうです♪



P1250878a.jpg



それにしても、トンネルがすごい!!


これで4つ目!



P1250883a.jpg



この日浦の旧道は昭和48年に日浦トンネルが完成してからは使われなくなり、


その後40年近くメンテナンスされることなく放置されてきました。


かつては自動車やバスまで通ったというから信じられません!!!


実はここでバスの運転手をされていた方から直接お話を聞くことができました。


そして、衝撃の事実が!!とうことで、それは後ほどです。



P1250887a.jpg



さてさて、4号隧道を通り抜けるとコンクリートの道がありましたよ。



P1250888a.jpg



もう路盤も落ちて大変なじょうたいです!!


うかつに道路を歩かないほうが身のためです。



P1250899a.jpg



石橋を叩いて渡るとはこのことですよ!


このままどんどんと荒れ果てていき、終いにはすべて自然に還っていくのでしょう。



P1250901a.jpg



これは普段は決してみることのできないコンクリートの壁の内側ですねぇ。


石やら土嚢などで積み上げられた壁をコンクリートで固めたら出来上がり。


そしてその内側部分が流出してこのような形となりました。



P1250903a.jpg



よく見ると、この抜け落ちている部分は布の模様が付いています。


おそらく上部部分は土嚢が積み上げられていたのでしょう。


なかなか奇怪な模様にも見えます。



P1250912a.jpg




次は原木5号を目指していきましょう。




P1250915a.jpg



しかし、もう道などどこにもありません!!


さらにここから道のりは過酷となっていきます


つづく。












posted by じぇべうさぎ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。