2012年02月23日

「2012 小樽雪あかりの路2」



lovelatte_0361.jpg



さてさて、幌内手宮線は日本で3番目に開通した鉄道らしいですよ、


近代北海道の始まりは、空知の炭鉱からはじまったといっても言い過ぎではありません。


そらちの石炭を小樽や室蘭へ運ぶため鉄道が敷かれたのです。


ここ、小樽市手宮には当時の面影を残すレールなどが残されております。


それがここ、小樽雪あかりの路、手宮会場でございます。


ほら、トンネルのなかにレールがみえるでしょ?



lovelatte_0393.jpg


港町はとても風情があります。


小樽はかつて、北のウォール街と呼ばれ、北海道開拓の玄関口として栄えました。


日本銀行旧小樽支店金融資料館へ行くと、一億円相当の札束を持ち上げることができますよ♪




lovelatte_06111.jpg




この写真を撮るのにどれだけ苦労したことか笑


氷点下だっていうのに汗かいて撮りましたよ笑


このソフトな感じは画像処理によるものではなくレンズが曇った状態で撮ったからです。


まさに偶然の産物と言えるでしょう笑


そのほかは企業秘密です!






posted by じぇべうさぎ at 00:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 工場夜景・夜景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どれも美しい写真ですね。
雪のトンネルに線路が見える手宮線いいなぁ〜!
雪だるまとっても可愛い♪
白いハートは、不思議な美しさに輝いてますね。
去年は丁度今頃「おたる雛めぐり」に一人で行っていました。
小樽の雪あかりの路は、いつか必ず行きたいお祭りのひとつです。
夜がメインなので泊り体制でないと不可能故w。
Posted by ゆんぐ at 2012年02月23日 20:22
>ゆんぐさん

こんにちは〜♪
小樽いってきましたよ!
もうね、写真なんて撮ってたらだめですよ!ぜんぜんゆっくり雰囲気を味わえない、雪あかりは撮るより雰囲気にのまれろですよ♪
ということでぜひゆっくりお泊まりをしてどっぷりと味わうのがいいかなぁとおもいました。
最後の写真を撮っていると、よっぽど行動が奇異だったのでしょう、何やっているの??と何度尋ねられたことか笑
「おたる雛めぐり」というイベントも初めて知りました!なかなか渋みの効いたイベントのようですね♪
小樽は芸術文化歴史とたいへん興味深い街ですから、なんどでも訪れてみたいとおもいます!
Posted by じぇべうさ at 2012年02月23日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。