2012年07月09日

「2012 金花湯11 島牧の黄金伝説」

P1320875.JPG

泊川大橋にたどりつきましたが、

ここは前回訪問時、下流側からヒグマに吼えられたところです、

今回初のバク○クを鳴らします。
P1320878.JPG

泊川大橋から上流側の眺めです。

向かって左側が本流なのですが、管内図によると、この橋の少し上流に

黄金の滝がしるされています!


P1320883.JPG


泊川大橋が出来てから、50年近く経っています、

しかし、その遥か前からここに人が入っていたといいます。

それにしても昔の人ってすごいですねぇ、

北海道には砂金が取れる川がたくさんあって、ここもそうだったのではと言われております。

言われてみれば、川の名前や地名には「金」という文字が!

泊川大橋のすぐ上流に黄金の滝という滝があって、

その滝壺の奥に金鉱があるという言い伝えがあるようです。

詳細は黒松内大金鉱山元山探索でお世話になった、山本さんの「南後志をたずねて」をご覧になってください。

少しあるくと、轟々と音が聞こえてきました。

P1320885.JPG

崖下に目をやると、確かに滝が見えます!!

それにしても凄い音ですよ、

この滝は相当大きなものじゃないでしょうか、

とおもって、山本さんが遡行でたどり着いた写真が「南後志をたずねて」に掲載されておりますが、

黄金の滝、実はこれだけでは終わらなかったようです!!

数十メートルほど上流に向かうと、さらにすごい轟音!

覗いてみると、先ほどの滝の上にさらに滝がありました!!

こちらは大きい!!

推測するに、黄金の滝は数段からなる滝で、1段目は山本さんの写真、もしくはそのさらに上流のもので、私の写真の滝、そしてそのすぐ上流にさらに大きな滝が見えたので、少なくとも2段くらいの滝ではないかと思われました。その姿を林道から見るのは夏場はムリだと思います。
装備があれば、下降して見ることも可能かもしれません、専門の人にお願いしましょう。

轟音が2箇所からしていたので、そのように判断しました。


P13208852.jpg
これはさっきの写真をトリミングしたものです。


相当大きな音だったので、水量豊かな迫力のある滝と思われます。

これが黄金の滝!という写真みてみたいなぁ〜

誰か撮ってきて〜♪









posted by じぇべうさぎ at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 金花湯2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。