2012年10月01日

「2012 ぷらぷら室蘭〜港町室蘭の臨海公園(中央町〜入江町) 参加♪2」

lovelatte2_07682.jpg


なんだか記事にするのが遅くなっちゃいましたが、

先日参加したぷらぷら室蘭では、普段入ることのできないところに行ってきたんですねぇ〜♪


まずは文学館の続きですが、

港の文学館の資料はものすごいんですけど、

展示の仕方は昭和チックというか、ちょっとやる気が感じられませんぞ?

でも、港の文学館自体が移転となるので、きっとその時には良くなっていることでしょう。

lovelatte2_07658.jpg


せっかくものすごい資料がたくさんあるので、

旭山動物園並みの行動展示くらいな目新しいディスプレイなどを企画したいところです。


lovelatte2_07657.jpg


もっとアクティブな展示を希望します。


さてさて、一行はぷらぷらと先へ向かいます、


lovelatte2_07660.jpg


最後尾で追っかけます。


港の文学館をあとにして、次に向かったのは、

なんと一般初公開となる室蘭の歴史的建造物、旧三菱鉱業です!

さすがマニアックなけんきゅーいんさんは知っていたようですよ笑

現在は無線機器などを扱う北星(株)さんが入っております。

今回は北星(株)さんのご厚意で建物の中の見学、ガイドと、

北星さんの商品の宣伝なんかもありました♪


lovelatte2_07672.jpg


あー、建物の外観ちゃんと撮るの忘れた〜

まずは建物のエントランス部分ですが、網走監獄と同じデザインの扉が使用されておりますよ!

こちらの建物は大正7年生まれで、現在94歳だそうですよ

とても貴重な建物ですが、現役で使用されているなんてすごいと思いません?


lovelatte2_07675.jpg


特にこの床なんかはとても年季が入っていますね、

この感じとても懐かしいです。

そして、階段の手すりやら、天井やら、カウンターやら、意匠をこらしたつくりがどれも素晴らしい。


私は照明に興味があるのですが、

こちら北星さんの照明もまたすばらしいですねぇ〜


lovelatte2_07684.jpg


この子が光ると、トップの写真のような影ができます。

素晴らしい!!

まさに開拓のシンボル、五稜星ではないですか!

サッポロビールのあのマークも、「開拓使麦酒醸造所」を作らせた開拓使長官の黒田清隆の思いがこもって五稜星となったわけですよ。

北炭のマークも五稜星ですね、

なんか五稜星をめぐるツアーもあるらしく、北海道の歴史を勉強するうえでは欠かせないものだとおもいます。


lovelatte2_07691.jpg

北星さん、どうもありがとうございました。

ぷらぷら隊はまだまだ歩くのでした。




posted by じぇべうさぎ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。