2012年11月30日

「2012 初冬の小樽穴滝2 到達篇」

P1340451.jpg

林道から分岐して、道なき道を進みます、

入ってすぐ左手に沼らしきものがみえますが、既に凍りかけています。

試しに足を乗せてみると、薄く張った氷が割れて、ヤバイことになりそうでした!

ここからは沢を渡り、左岸からアプローチです、

なんだかずいぶんと急斜面を登り高い位置を歩いていくと、

穴滝0.2キロ看板がありましたよ♪

もうすぐですね!!

ここまでくるとテンションが上がってきます!!

これまでの疲れも飛んだとおもったその時・・・





lovelatte2_16374.jpg


最初に発見したのは全身真っ赤っかのアツイ隊員でした♪(ほんとは青)

穴滝への入口が見えたのでした!

自分は気づかずにここから先どうやって攻略するかの道筋を読んでいました。

とりあえず写真を撮りますか。

ちなみにこのザックですが、カメラ2セット、重い三脚、水3リットル、食料、ガスコンロ等で18キロはあります。

でも最近のザックは性能がいいので、それほど重くは感じないですけどね♪


P1340454.jpg

ひさびさ本人登場笑、ちゃんと服着てます、ハダカじゃありません!!

アツイ隊員、写真の腕もなかなか♪

そして真っ赤っかのアツイ隊員に刺激され、私のウェアはピンクになってます笑

この雪で沢筋が読みづらく、大きな階段状の沢筋になっていて、

さらにこの時期にしては相当な積雪があったので、一歩ずつ慎重にアプローチです。

最初は沢から入って、数段登り、左岸を高巻く感じで穴に入ります!

この到達までの最後の50mくらいの区間が一番面白かったです♪

P1340456.jpg


とにかく雪が多いので、慎重に行動しないとポチャンしちゃいます。

この寒さでポチャンは嫌なので、ズルズルと滑りながらも高巻きました。

そして洞窟の入口部分に到着、侵入口が一本で、

いつ落ちてくるかもわからない凶器の下をくぐらなければいけません〜


P1340458.jpg


ここはちょっとコワかったなぁ。。

足場を気にして、頭をガードしながらなんとか到達することができました!

するとそこには、なんとも形容し難い不思議な空間が広がっていたのでした♪




posted by じぇべうさぎ at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 探索日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。