2010年10月24日

「2010 探索開始前に予期せぬトラブル〜」



トラブルの起きた現場です。



P1030104.jpg



白老町萩野バーデン団地。


ここにバイクを停めて、発進しようとしたら・・・



続きをよむ♪
posted by じぇべうさぎ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

「2010 林道から落ちました。。ケンシロウモード発動です!!」

今考えると不思議なんです、誰かに横から押されたような気がします。


もしかして、どこかでお持ち帰りしてきたのでは。。木かげの湯??



IMGP2506.jpg



とある林道で、なぜか道幅が狭く、片側が崖のようなところがあり、そこをゆっくりと走っていると、、



続きをよむ♪
posted by じぇべうさぎ at 20:19| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

「尻別川本流の滝、長流川プチナイアガラ」


P1010693.jpg


お得意の白水川林道をオロフレ側から下り、

バイクで向かったのは伊達市大滝地区を流れる長流川。



この白水川林道の下り途中に、なんと、硫黄の匂いがプンプンするところがあるんですよね〜。

これは間違いなくアレが湧いてますね、

今回は目的がちがうので、スルーしまして、


長流川にナイアガラの滝があるらしいので、探索しにいってみました。


車道から少し歩くと、、


ありました!



P1010696.jpg



なんと長流川に流れ込む川の色が超オレンジです。

この川も超怪しげですね!!


でも、今回の目的は滝なので、もう少し進んでみると、



P1010699.jpg



すばらしいです!

プチナイアガラといったところでしょうか!

こちらの滝は「プチナイアガラ」というそうですよ♪



ちょっと見る角度を変えるとこんな感じ。



P1010704.jpg



なかなか迫力があります。

かなり近くまでいけます!

水量の多い時期はすごいでしょうねっ



次は、尻別川の源流方面へ向かってみましょう。

場所は詳しく書きませんが、



P1010710.jpg



こんなゲートを越えて数キロいくと、


林道から大きな滝が見えてきます!!

滝の降り口には小さな小さな看板がありますので、

踏み跡を頼りに坂を下っていくと、ありましたぁ!!



P1010705.jpg



これが「尻別川本流の滝」です。

ちゃんとした滝の名前はないようですが、

かなり大きく、そして和の雰囲気が漂う立派な滝でした。


意外と知られていない滝だとおもいます。


クマさんに気をつけていきましょう♪


posted by じぇべうさぎ at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

「白老の巨瀑!社台滝をめざしてB」

いよいよ白老の巨大な滑滝「社台滝」の落ち口へむかってみましょう


滝の落ち口から滝を見下ろすという難易度MAXのビューポイントへむかいます。


P102043722.jpg



滝の上流から一歩一歩近づいていきます。



P1020451.jpg



開けてきましたねぇ〜

ここは白老社台台地の突端部分と言ってもいいでしょう。

大きな岩盤の上を先ほどまでの湧水が流れています。

けたたましい滝の音は聞こえません、

音が聞こえると怖いのですが、

なにも音が聞こえないのも怖いです。



気をつけて滝の落ち口ギリギリまで向かってみます。。



すると、そこには、すっごい眺めが広がっていました!!!



P1020461.jpg



ここが社台滝の落ち口付近です。

怖いなんてモンじゃありません!!!

100メートルほどの断崖の突端です!!

現在の滝の形になるまで、いったいどれだけの長い年月がかかっているのでしょう。

長い年月かかって削られ断崖となった白老社台台地の壁が遠くにみえます。


ちょっと、滝のほうを見下ろしてみると・・・



P1020460.jpg



ヒョェーーーーーーエエ

まるでおっきな滑り台??

だれか、この巨大な滑滝「社台滝」でキャニオニングやる人いませんかぁ〜???



P10s2s0437.jpg



難易度MAXの眺め、どうだったでしょうか。

ハーネス装備してザイル確保があれば、さらに未体験ゾーンへ突入できますよ!!

posted by じぇべうさぎ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

「白老の巨瀑!社台滝をめざしてA」

社台滝は3箇所から眺めることができます、

ひとつは、林道脇の展望箇所から滝を斜めに見下ろす眺め。

もうひとつは、川を遡り、滝の下から見上げる眺め。

そしてもうひとつは、滝の落ち口から真下を見下ろすという難易度MAXの眺め。



ということで、難易度MAXを目指して滝の上流部へ行って見ましょう〜!

滝の上流部へは踏み跡がついているので、容易に入渓することができます。

踏み跡をたどっていくとこんなところがでてきます!!



P1010798.jpg



この雰囲気、わたしは「もののけ姫」を連想してしまいます。

なんと表現したらよいのでしょう、ニングルでも棲んでいそうな雰囲気です。

しばし見とれます。



社台滝の上流は、超緩慢な滑沢という感じでしょうか、大きく平らな岩盤の上を水が流れている感じです。

水深は数センチといったところ。



さらに上流にいくと、



P1020441.jpg



なぜこんなところに人工物があるのでしょう??

どうやら取水口のようですね、

もしや温泉???



人工物といえば、この写真をよくみると、写真右の真ん中あたりの岩が顔の形をしているような気がします。

オーパーツ!?

火星にあるという「人面石」にそっくりじゃない??

人面というよりは「コワイうさぎ」のようにも見えます笑




みたところ、ここら辺りが社台川の源流付近のようです、

そして、ここら辺一帯は大湧水地帯となっており、いたるところから水が湧き出しております。

P1020444.jpg

不思議な穴がいくつかあります!

P1020443.jpg

歩くときには気をつけましょう!
なんか吸い込まれそうな雰囲気。。

P1020442.jpg

いたる所から水が湧き出しています。

P1020447.jpg

やっぱり「もののけ姫」を連想します。

P1020465.jpg


温泉???

もあったりするかもしれませんね!

次回は滝の落ち口に向かってみることにしましょう♪


posted by じぇべうさぎ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

「白老の巨瀑!社台滝をめざして@」

私がバイクの免許を取って、行きたいと思っていたところのひとつが
白老の山奥にある巨大瀑布「社台滝」です。

白老には日本の滝100選に選ばれている「インクラの滝」をはじめ、落差200メートル級と言われる「石狩白老滝」、そのほか「白老滝」「イワナ沢滝」「大星沢滝」「深沢川大滝」などなど、人の目にふれることがほとんど無い秘瀑がたくさんあります。

特に「石狩白老滝」あたりは、到達まで困難を極める秘境中の秘境らしいです。

でも、そんな山奥のおっかないところまで一緒に行ってくれる人がいないので、バイクでお気軽?に行ける社台滝まで行ってみることにしました。


まずはインクラの滝でちょっと寄り道してみましょう、


P1010804.jpg


日本の滝100選のインクラの滝は落差約44メートル、

そして、社台滝は落差100メートルといいますから、とんでもない大きさだということがわかりますね!

ちなみに、島牧村の大瀑布「賀老の滝」は落差約70メートル、
落差で比べれば賀老の滝をも凌ぎます。


しかし、社台滝までの道のりは遠いのです。

国道から林道を26キロ山奥へ入ります。

距離的には金花湯くらいの道のりでしょうか、

金花湯と比べれば到達は容易そうです。


それではさっそく向かってみましょう!


P1020428.jpg


今回は林道師匠さんと2人で向かいます。

白老には林道がいっぱいあって、なんと支笏湖あたりからすべて林道を通り登別温泉まで縦走することができます。途中舗装路を2本くらい横切るだけです。

道中は起伏に富み、美しい渓流を眺めながら、時にはトライアルコース並みの林道も現れます。川渡りもあり、丸一日林道三昧を楽しむことができます。



社台滝へ向かう途中、少し荒れているところがあるので、一般乗用車はまず到達できないでしょう、ジムニー等の少し車高の高い車であればなんとかなるかなぁという感じですが、一部分をのぞいて全体的に走りやすいです。


P1020473.jpg


2万5千分の1の地図を見ながら分岐をクリアしていきますが、迷うことはなさそうです。

けど、社台滝少し手前の分岐はちょっとわかりずらいかな。

私の場合は最初来たときに、1本手前の分岐を曲がってしまいました。

この間違った分岐は地図でみると、多峰古峰山へ向かっていくようです。


最後の分岐を曲がると社台滝まであと少し!


P1020432.jpg


この写真の先がひどいヌタ場で、一部海のようでした。

しかし、社台滝広場までもうすぐ!

がんばりましょう!!


最後の広場にバイクを停め、展望箇所へいくと、すばらしい眺めが広がっております。

これが社台滝です!!


P1020437.jpg


写真で、滝のスケールの大きさが伝わらないのが残念ですが、すばらしい光景が広がっております。

賀老の滝のような流量はなく、しぶきが散るような迫力はありませんが、大きな岩盤を水が筋状になって流れる美しい滝でした。



12倍のデジタルカメラでこんなところをズームしてみました。


P1020438.jpg


この社台滝、やっぱり下から見上げてみたいものですが、

下から見上げると、「悪魔の顔」と呼ばれるほど、滝の形相がすごいようです。上から眺めると品のある感じなのですがね。

悪魔の顔も怖いし、熊さんも怖いので、一緒に行ってくれる人がなかなかいません、とりあえず上からの眺めでガマンします。


ちなみに、今回の2ヶ月前くらいに社台滝に来たときの写真はこちら。


P1010796.jpg


緑が生い茂ってますね!

実は社台滝、この展望箇所から眺める以外に、もうひとつ滝を楽しめる絶好のポイントがあるのです♪


というわけで、次回へつづきます〜

posted by じぇべうさぎ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

「ジェベルくんに特大キャリアボックスをつけてみる」

来たるキャンプツーリングのため、

ジェベルくんの積載能力をキャリアボックスを使って手っ取り早く上げてみることにしました。

コンセプトは「BIG、取り付け簡単、ブレない、背もたれ快適仕様」

ということで、近くのホームセンターで十分吟味した上で、必要最小限になるよう、キャリアボックス、板、取付金具、ゴム板を仕入れてきましたよ。
全部で2,500円くらい!なかなかのコストパフォーマンス♪

まずは厚さ12ミリの合板をジェベルのキャリアにのせてみます。


SH3D0088.jpg


これは直接キャリアの上にキャリアボックスを載せると、ボックスの裏がフニャフニャしているので安定しないから。

キャリアとボックスの間に合板をはさむだけですごく安定します。


次に、キャリアと合板を固定するためのU字金具の取り付け位置にゴム板を設置、これで、金具のブレを防ぐとともに、振動も吸収?

U字金具もうまいことズレない位置があったのでラッキーでした!


SH3D0089.jpg


事前にキャリアボックスと合板をボルトで4点止めし、U字金具と位置を合わせてドリルで穴を開けます。


SH3D0094.jpg


キャリアボックスの取り付け・取り外しは、U字金具4つでできるので、そんなに手間もなさそうです。


SH3D0095.jpg


ボルトの長さもちょうど良かったみたいで、大きなはみ出しもありませんでした。

取り付けが多少不安なら、ボックスの底にも当て板をしてボルトで固定すれば完璧ですね!今後補強しときます

取り付け部分を下から見るとこんな感じ。

ボルト側のワッシャーはナット側に使ってしまったのでケチってますね汗



SH3D0098.jpg


かなりしっかりと固定されていますので、多少の重量物や転倒時もキャリアがぶっ飛ぶことはなさそうです。

ぶっ飛ぶときはぶっ飛びますが!

とりあえず、キャリアボックスがついたところで、さっそく荷物を満載してうろちょろしてきました。


SH3D0100.jpg


ボックスはかなり大きいですが、思った以上に安定していました。

そして、運転スペースも普段どおりで制限されることもなかったです。

何より背もたれとしてもつかえる感じだったので、運転が少し楽になりそうです。背部分にクッションを取り付ければさらに快適仕様になるかな?

見た目はカッコ悪いですが、積載能力は抜群で、荷物満載でも悪路でバランスを崩すことはありませんでした。

調子に乗って、こんなところも走ってきましたが、キャリアの重さも感じることなく走ってくることができました。


SH3D0113.jpg


これでなんとか遠出もできそうかな♪


先日秀岳荘へ立ち寄ったところ、値は張りますが、
軽量シュラフやテントもほしくなっちゃいました。

ボチボチそろえていきたいなぁ〜♪


SH3D0112.jpg
posted by じぇべうさぎ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↓各ランキングでこのブログの投票ができます! ジャンル別リンク集としてもおススメ♪
人気ブログランキングへにほんブログ村 旅行ブログ 源泉掛け流し温泉へにほんブログ村 バイクブログ 林道ツーリングへにほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
Powered by Seesaa
copyright c 2010 じぇべうさ all rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。